ニキビをガッツリケアできる3つの行動

ニキビをガッツリケアできる3つの行動

ニキビをケアするためにはニキビ専用のスキンケア用品を使うことは大事でしょう。

 

 

しかしこのような行動はニキビができた人には当たり前のようにやってほしいことです。先に忠告しておきますが、これだけではニキビはなかなか無くならないです。ニキビ用品によるケア以外に目を向けて、ニキビ専用化粧品を使うという選択以外の3つの行動でニキビケアをしましょう。

 

 

まず初歩の方法はできたニキビをなるべく触らないことです。お肌は小さな刺激でも弱ってしまって肌荒れに繋がります。肌が弱い人というのは外からの刺激に弱く、肌の調子がすぐに乱れてしまうのです。ニキビはできるとつい潰そうとしたり、触って感触を確かめてみようとして肌を刺激します。そのせいでニキビの炎症が悪化する恐れがあるため、ニキビができている肌には極力触らないように気をつけましょう。

 

 

揚げ物やスナックなどの油物や甘いお菓子、ついグビッと飲みたくなるお酒はニキビの原因になります。このようなものを食べすぎて、乱れた食生活を続けるとニキビができることがあるのです。ですからニキビ対策のために食生活を見直しましょう。ニキビに悪影響なものは減らして、逆にニキビ対策に役立つ食べ物を積極的に食べましょう。ニキビ対策に良い食べ物はにんじん・トマト・ほうれん草などのビタミンAの食べ物や納豆・卵・うなぎなどのビタミンB2が豊富な食べ物です。マグロやニンニクなどのビタミンB6の食べ物や緑黄色野菜などのビタミンCの野菜もおすすめです。こういう食べ物を食べて、ニキビ対策できる体になりましょう。

 

 

最後にニキビ対策に最もオススメするのが睡眠です。睡眠は非常に大切で寝る時間が減れば減るほど、肌の回復力は落ちてしまいます。最低6時間は眠るようにして熟睡してください。睡眠をしっかり取ることで、ニキビは体が持つ本来の力で自然に治癒されるのです。ニキビを治したいならこの3つの行動を取るようにしてください。